ケノンについて

ケノンのランニングコスト

ケノンのランニングコストとしてカートリッジの交換代金があります。
使い続けているとある時「カートリッジを交換してください」という表示が出ます。それが交換の目安になります。

ケノンのカートリッジは寿命が長いと言われています。交換までに5万発を照射できるため、これだけで全身の脱毛がすんでしまう人もいます。

ケノンのカートリッジには脱毛用が「ラージ」と「スリム」の2種類、美顔用が1種類あり、値段はラージが7,700円(本体と別に購入する場合)、スリムが5,000円、美顔用が3,000円です。

ケノンのメンテナンス

まず使った後のケノンのカートリッジには皮脂アカがついているので、ドライヤーの風をあてて吹き飛ばします。こうすれば、細かいほこりなども一緒に取れます。そして消毒のために、アルコールを含ませた綿棒か布でカートリッジを拭いてください。

長く効果を保つためにメンテナンスはこまめに行うのがポイントです。

ケノンの利用者レビュー

※1.脱毛器を選んだポイント
※2.主に脱毛器を使った場所
※3.脱毛器の良かったところ
※4.脱毛器のイマイチだったところ

≪30代前半≫
1.口コミを見て良かったからです。
2.わき、足、うで
3.痛さを感じないで、脱毛ができるところが良かったです。
4.脱毛されるまでに、かなりの時間がかかってしまうことがいまいちです。
満足度:★★★★

≪30代後半/専業主婦≫
1.業務用の威力にも匹敵する光脱毛器であることと、口コミで見た効果の高さから興味を持ちました。
2.全身
3.充電がいらないので、本体を電源コードに繋げるとカートリッジがなくなるまで何時間でも使い続けられるのが便利です。全身を脱毛するのに時間がかかりますが、気にせずに使用できます。人目に晒すのが恥ずかしいVIOラインも自己処理できるのが良かったです。
4.冷やしながら照射をしていきますが、たまにやけどして肌が赤くなってしまうことがあります。出力の調整が難しいです。それからカートリッジの照射面がすぐに汚れてしまいます。使用するたびにアルコールで消毒をしていますが、照射面に焦げてしまった毛が貼りついて取れないので、見た目が汚いです。汚れの分だけ脱毛の効果が落ちてしまっているのではないかと気になっています。
満足度:★★★★

≪30代後半/専業主婦≫
1.業務用の威力にも匹敵する光脱毛器であることと、口コミで見た効果の高さから興味を持ちました。
2.全身
3.充電がいらないので、本体を電源コードに繋げるとカートリッジがなくなるまで何時間でも使い続けられるのが便利です。全身を脱毛するのに時間がかかりますが、気にせずに使用できます。人目に晒すのが恥ずかしいVIOラインも自己処理できるのが良かったです。
4.冷やしながら照射をしていきますが、たまにやけどして肌が赤くなってしまうことがあります。出力の調整が難しいです。それからカートリッジの照射面がすぐに汚れてしまいます。使用するたびにアルコールで消毒をしていますが、照射面に焦げてしまった毛が貼りついて取れないので、見た目が汚いです。汚れの分だけ脱毛の効果が落ちてしまっているのではないかと気になっています。
満足度:★★★★

≪30代前半/専業主婦≫
1.口コミと価格のバランス
2.わき、脛、腕、顔
3.眉毛脱毛や、美顔カートリッジもついていて、脱毛だけでなく他の機能もあります。
4.効き目はありますが、効果が強いので、パワーが強いと部位によっては火傷みたいになるので注意が必要です。
満足度:★★★★★

≪30代前半/会社員≫
1.口コミで一番脱毛効果が高そうだったから
2.足、VIO
3.コンパクトで色もかわいく、照射サイズを変えられて使い勝手がいい
4.他の機械に比べて金額が高いくらいです。。。
満足度:★★★★

≪40代前半/会社員≫
1.ほどよい価格とネットの口コミを参考して購入しました。
2.腕とスネ
3.一番嫌だと思っていた痛みがほとんど無く、最終的には腕もスネも脱毛の効果がしっかりと出たので、満足しています。
4.最終的には効果が出たのですが、10日に1回のペースでやった結果、完全に脱毛効果が出たのが約半年後だったので、その長い期間には不満を持っています。もう少し早くできたら良いなと思います。
満足度:★★★★

≪20代後半/会社員≫
1.コストパフォーマンスが良さそうなので
2.腕
3.気軽に使えるところです。コストパフォーマンスもよいと思いました。
4.肌が弱いので、肌荒れがよくありました。肌が強い人向けかもしれないです。
満足度:★★★

≪30代後半/会社員≫
1.購入者レビューがよかった
2.腕
3.痛みもなく、本当に毛が生えてこなくなった
4.毛抜き型の脱毛機能も付いているが、毛抜き自体の作りがイマイチで毛がつかめない
満足度:★★★★

≪40代/専業主婦≫
1.ネットで口コミの評価を見ていて、こちらのケノンが一番良かったからです。
2.ワキ、指、すね
3.ケノンは、専用のケースの中にすべてのアイテムをきちんと収納できるので、コンパクトでいいと思います。また、照射する光の強さを調節できるので、自分に合った強さの光を当てることができて具合が良かったです。
4.値段が高かったところです。10万円近くするので、元を取る前に壊れてしまわないかと少し不安に思っています。
満足度:★★★★

ケノン総合評価:★★★★

ソイエについて

ソイエの利用者レビュー

※1.脱毛器を選んだポイント
※2.主に脱毛器を使った場所
※3.脱毛器の良かったところ
※4.脱毛器のイマイチだったところ

≪30代前半/自営業≫
1.ずっとこのシリーズを使用しています。
2.わき、足、うで
3.フォルムが手にフィットするようなデザインになっていて持ちやすい。水洗いができる。充電タイプなのでコードレスで使用できる。
4.ムダ毛が長いとローラーに引っかかって止まってしまうことと、古いタイプのものなので充電時間が長くて使用時間が短いことです。あと、少し重いです。
満足度:★★★★

≪30代前半≫
1.知り合いが使っていたので。
2.脇、腕、脚など
3.簡単に剃れて、痛みもなく、剃り跡も残らず良かったです。
4.剃り残しが少し出来るのがイマイチでした。
満足度:★★★★

≪30代前半/専業主婦≫
1.あまり金額が高くなく防水仕様であること。口コミであまり痛くないということが書かれていたからです。
2.脇とひざ下です。
3.防水仕様でしたのでお風呂に入っているときに手軽に使えたところ。
4.痛くないという口コミだったのですが予想以上に痛かったです。
満足度:★★★★

≪30代前半/専業主婦≫
1.購入当時、テレビをはじめコマーシャルが活発にされていて、よく知っていたからです。また、パナソニック製ということで安心感がありました。
2.腕(主に肘より先)、ひざから下の足
3.一度に広範囲を処理できるので、手間がかからなかった点です。毛抜きで抜くことと比べると格段に早く便利でした。
4.私が購入した機種は、動作音が大きかったのが少し恥ずかしかったです。物理的に抜くので当たり前ですが、腕や足は抜く時の痛みに慣れましたが、脇など肌が柔らかい部分は痛すぎて使えませんでした。処理後は綺麗になりますが、肌への負担が大きく、肌荒れや埋没毛が増えたことで使用をやめてしまいました。
満足度:★★★

≪20代後半/専業主婦≫
1.買った当時はソイエが一番有名で、家庭用脱毛器と言ったらソイエというイメージがあったので選びました。
2.脇
3.しっかりと毛をキャッチして綺麗に1本1本抜いてくれるので、脱毛器を使った後は毛が全くないわきになって満足です。抜いた毛もほとんど落ちないので、どこでも手軽に使えます。また、コンパクトなので持ち運ぶのにも楽です。
4.回転の速さは調節できますが、思ったより勢い良く脱毛されるので抜く瞬間は少し痛いです。肌に優しいと言われていますが、わきの皮膚はけっこう敏感なので、たまに抜いた後の毛穴が赤くなることがあります。ただこれは個人差があると思います。
満足度:★★★★

≪20代前半/会社員≫
1.友達にすすめられたからです。
2.腕
3.肌に優しそうなところです。よく脱毛できたと思います。
4.コストパフォーマンスがあまりよくなかったことです。
満足度:★★★

≪20代後半≫
1.以前から、知っていたからです。
2.足と腕です。
3.脱毛もしっかり出来ますし、壊れないので、いいです。
4.仕方ありませんが、少し脱毛中、痛みがあるところです。
満足度:★★★★

≪30代前半/会社員≫
1.有名メーカーだし、価格もそれなりに手頃だったので選びました。
2.足、腕
3.本当に毛を脱毛できて、シェーバーより生える間隔が長くなり、若干無駄毛処理が楽になった。
4.めちゃくちゃ痛くて肌には悪かった。脱毛した部分は赤くなるし、こまめにすると肌を痛めて最終的にかぶれてしまった。
満足度:★★★

≪40代/専業主婦≫
1.とにかく金額が安く手軽に購入できたこと。
2.ワキ
3.レーザーを使わないので、操作の仕方がとてもシンプルで、機械に弱い私でも簡単に扱えました。
4.とにかく痛くて痛くて、わきの脱毛なんてほとんどできませんでした。毛抜きで一本一本抜くのと違い、とにかく機械が力任せで何本もの毛をぎゅうぎゅう引っ張るので、痛くて痛くて仕方ありませんでした。
満足度:★

≪30代前半≫
1.知人が使用していて肌が綺麗だった為
2.腕、わき、足
3.脱毛器を使用した部分が、綺麗にツルツルなるところと、シェーバーで剃るより肌を痛めないところです。
4.慣れるまでは、痛みがあるところです。使用後、肌が少し赤くなるところです。
満足度:★★★★★

ソイエ総合評価:★★★☆

http://datsumo-omiya.net

トリア パーソナルレーザーについて

トリア

トリア パーソナルレーザーの利用者レビュー

※1.脱毛器を選んだポイント
※2.主に脱毛器を使った場所
※3.脱毛器の良かったところ
※4.脱毛器のイマイチだったところ

≪30代前半≫
1.値段の安さ含め、良い口コミが多かったからです。
2.うで
3.自己処理をしなくても済むので、大分気持ち的に楽になり良いことでした。
4.がっつりではなかったものの痛みがありました。
満足度:★★★★

≪20代後半≫
1.知人にオススメされたからです。
2.腕と足です。
3.しっかり脱毛出来ますし、あまり痛くないところです。
4.仕方がありませんが、少し音がうるさいところです。
満足度:★★★★

≪30代前半≫
1.口コミを調べてちゃんと効果があるということを一番に重視しました。あとは丁度その時に購入するとポイントがたくさんつくということだったので、実質お得に買えたのも魅力的でした。
2.足、腕、脇
3.信頼できるメーカだったので安心して使用できたところです。
4.照射面が小さいのでとても時間がかかります。あと、機械自体も重いので疲れます。
満足度:★★★

≪40代・専業主婦≫
1.こちらを購入した当時は、ケノンがまだ発売されておらず、トリアが一番メジャーな家庭用脱毛器で、人気も高かったからです。
2.ワキ、指、Vライン
3.レーザー式ですが、私の場合はほとんど痛みを感じたことがありません。使いすぎて炎症を起こしたこともないので肌に合っていたのかもしれません。
4.効果には満足していましたが、とにかく照射面積が小さい!1㎝×1㎝程度の面積しか照射していけないので、手の指などを少し脱毛するくらいならすぐに終わりますが、広い面積を脱毛しようとすると延々と時間がかかります。
満足度:★★★

トリア総合評価:★★★☆

ノーノーヘアについて

ノーノ―ヘアー

ノーノ―ヘアーの利用者レビュー

※1.脱毛器を選んだポイント
※2.主に脱毛器を使った場所
※3.脱毛器の良かったところ
※4.脱毛器のイマイチだったところ

≪20代後半・専業主婦≫
1.三万円ほどで自分で脱毛ができるところです。
2.膝ひざ
3.短時間でできるところ。脱毛サロンに通う時間と手間がかからないところ。肌にダメージがないところ。
4.においが少し気になりました。毛が焼けるような匂いです。
満足度:★★★★

≪20代前半・会社員≫
1.口コミと友人のすすめできめました。
2.ひざ下に使いました。
3.使うとすぐに脱毛の効果が出ました。
4.焦げ臭いことと、機械が熱いので肌が荒れます。
満足度:★★★

≪30代後半・専業主婦≫
1.永久脱毛出来るという口コミ。
2.脚
3.面倒くさくなく簡単。続けて使えば一部生えてこない所も出来てくる。
4.電気が通るチップがすぐ使用不可になる所。口コミよりもずっと早く消耗する。脇などでこぼこしてる所はやりにくい。
満足度:★★

≪20代後半≫
1.金額と、機能性です。
2.腕と足です。
3.しっかりと脱毛してくれるところと、回転スピードが変えられるところです。
4.脱毛したムダ毛が、周りに飛び散るところです。
満足度:★★★★

≪20代前半・専業主婦≫
1.当時よく、テレビで宣伝していてたまたま、ドンキーホーテに販売してあったので決めました。
2.腕、足、わき
3.音も静かで低刺激で敏感肌のあたしでも大丈夫でした。
4.私の毛が頑固なのか、あまり脱毛というよりもカットしてるのかな?っていうほど伸びてくるのが早かったところです。
満足度:★★★

≪30代後半・会社員≫
1.価格が手頃だったので。結局ケノンを買い直すはめに
2.腕
3.コンパクトでデザインもまあまあ良く、価格も高くない
4.小さいので面積が広い部位には向かない。指の毛に使うのにちょうどいい大きさ。
満足度:★★

≪30代前半・専業主婦≫
1.CMや雑誌などで見て、脱毛の効果が高そうだったから
2.膝下
3.非常に使いやすくて、思った通り脱毛の効果が高かったところ
4.想像以上に付属品にお金がかかり、脱毛時の焦げるような臭いがきつかったところ
満足度:★★★★

ノーノ―ヘア総合評価:★★★

脱毛器の種類

脱毛器は大きく分けると3つのタイプがあります。

まず一つ目はレーザー脱毛器、二つ目はフラッシュ脱毛器の1ショットタイプ、三つ目はフラッシュ脱毛器の複数ショットタイプです。家庭用脱毛器の中ではレーザー脱毛器が一番効果は高いと言われています。ただし、レーザー脱毛器では痛みがあるのですが、フラッシュ脱毛器ならほとんど痛みを感じません。

脱毛機で人気のケノンはフラッシュ脱毛器の複数ショットタイプになります。ケノンはショット数を変えることができるので、1ショットタイプとして使うこともできます。

ケノンは、日本国内で市販されている家庭用脱毛器では一番出力の高い光を照射するので、レーザー脱毛器並みの効果があります。
ケノンはショット数をシングルショット・トリプルショット(3連射)・セクスタブルショット(6連射)から選べるので、痛みが嫌な人や肌が弱い人はショット数を多くすると使いやすいです。

毛の固い人や少々の痛みなら大丈夫という人なら、シングルショットを続ければ最大のパワーを発揮します。
2週間に一度くらいの頻度で処理すれば、きちんと効果を実感できます。

ケノンは日本人の肌質に合わせて作られていて、全身どこでも使えて重宝します。

除毛剤と比べる脱毛機のメリット

除毛剤として有名なのは脱毛クリームですね。

脱毛クリームは男女問わず使えて広範囲を一気に処理することができる上に、明日海に行く!と
いう時などその日のうちに薬局に買いに行ってさっと対応できるのが嬉しいポイントです。

カミソリ・電気シェーバーなどで処理した後のような毛のジョリジョリした感触もありませんし、つるっとした仕上がりです。

けれど除毛剤は、そもそもアルカリ性の成分を使ってムダ毛を溶かします。

聞いたことがあるかもしれませんが、私たちのお肌は弱酸性です。
除毛剤を使うことで肌が一時的にアルカリ性になってしまうと、肌荒れが起こる可能性があります。
肌荒れが起こらないまでも、肌への影響は少なからずあります。

最近では天然の成分を使っていたりトリートメントを配合していたり、肌に優しい除毛剤も増えてきています。
それでも基本的にアルカリ性であることに変わりはないので、肌が弱い人には向いていません。

肌荒れしやすい人やアトピーがある人はもちろん使用は避けるべきですし、肌が健康な人でも最初はパッチテストをする必要があります。
もし肌に合わない除毛剤を使ってしまうと、一気に広範囲がかぶれてしまうことになるので危険です。
誰でも使えるというわけではないのが、除毛剤の弱点です。

脱毛機は脱毛クリームのように薬品を使うわけではないので、その点を比べても肌には優しい処理方法です。

脱毛サロンと比べる脱毛機のメリット

脱毛はエステや脱毛サロンなど、お店で行う脱毛も人気があります。

高価な機械を使ってプロのエステティシャンに施術をしてもらえば、自分で脱毛するよりも効果は高いです。
肌にトラブルが起きた時にも、サロンに相談できますし心強いですよね。

けれどサロンに通うにはお金もかかりますし、サロンまでに足を運ばなければならない、事前に予約を入れなければならないなどの手間も掛かります。
自宅ほど気軽にできるわけではありません。

また、知らない人の前で服を脱ぐこと抵抗がある人もいるかと思います。
デリケートゾーンの脱毛になると特に気になりますね。

さらに、自分が脱毛したい箇所以外の勧誘をされてしまったという体験談もよく聞きます。
全てのサロンがそうだというわけではないですが、やはり不安もあると思います。

サロンはたくさんあり、色々と調べたりすることもちょっと面倒ですよね。

そう考えると家で自分で脱毛できる脱毛器はお手軽でいいと思います。

外出する手間も省けますし、誰かに肌を見せることもないですし、自分の都合に合わせることができます。
このあたりが脱毛器のメリットです。

カミソリ&毛抜きと比べる脱毛機のメリット

女子にはついてまわるムダ毛の処理。
最近ではムダ毛の自己処理に脱毛機を使う人が増えてきています。

脱毛器でのムダ毛処理は、カミソリや毛抜きと比べてもメリットがあります。
一番の違いは肌に与えるダメージです。

カミソリでの処理は、ムダ毛を剃れば一見すぐに綺麗になります。
けれど処理できるのは表面の毛だけで、すぐに生えてきてしまいます。
綺麗な状態が長続きしなく、どうしても短期間で何度も剃る必要があります。
ただ、カミソリは肌を傷つける可能性が非常に高いです。

カミソリはどうしても歯が毛穴以外の肌にも当たり、摩擦を起こしたり必要な皮脂まで取ってしまったりすることがあります。
これの繰り返しが、肌荒れを引き起こしてしまいます。

一方毛抜きは、一本一本を確実に脱毛することができるので、太くて濃い毛がある部分には便利です。
ただ、とても手間がかかるのと、痛みがネックになります。
この痛みは肌にも影響があって、色素沈着が起こることがあります。

また、個人での処理は、生えてくる毛が肌の内部に埋まる「埋没毛」になることがあります。
こうなってしまうと、自分では処理が難しくなります。

専門の脱毛器ならカミソリ、毛抜きのようなダメージを与えず綺麗にムダ毛が処理できるので、人気が高まっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ