家庭でムダ毛処理ができる便利な脱毛機。脱毛機に関する機能や人気商品を徹底リサーチします!

menu

脱毛器リサーチ隊!~人気機種レビュー~

脱毛器の種類

脱毛器は大きく分けると3つのタイプがあります。

まず一つ目はレーザー脱毛器、二つ目はフラッシュ脱毛器の1ショットタイプ、三つ目はフラッシュ脱毛器の複数ショットタイプです。家庭用脱毛器の中ではレーザー脱毛器が一番効果は高いと言われています。ただし、レーザー脱毛器では痛みがあるのですが、フラッシュ脱毛器ならほとんど痛みを感じません。

脱毛機で人気のケノンはフラッシュ脱毛器の複数ショットタイプになります。ケノンはショット数を変えることができるので、1ショットタイプとして使うこともできます。

ケノンは、日本国内で市販されている家庭用脱毛器では一番出力の高い光を照射するので、レーザー脱毛器並みの効果があります。
ケノンはショット数をシングルショット・トリプルショット(3連射)・セクスタブルショット(6連射)から選べるので、痛みが嫌な人や肌が弱い人はショット数を多くすると使いやすいです。

毛の固い人や少々の痛みなら大丈夫という人なら、シングルショットを続ければ最大のパワーを発揮します。
2週間に一度くらいの頻度で処理すれば、きちんと効果を実感できます。

ケノンは日本人の肌質に合わせて作られていて、全身どこでも使えて重宝します。

除毛剤と比べる脱毛機のメリット

除毛剤として有名なのは脱毛クリームですね。

脱毛クリームは男女問わず使えて広範囲を一気に処理することができる上に、明日海に行く!と
いう時などその日のうちに薬局に買いに行ってさっと対応できるのが嬉しいポイントです。

カミソリ・電気シェーバーなどで処理した後のような毛のジョリジョリした感触もありませんし、つるっとした仕上がりです。

けれど除毛剤は、そもそもアルカリ性の成分を使ってムダ毛を溶かします。

聞いたことがあるかもしれませんが、私たちのお肌は弱酸性です。
除毛剤を使うことで肌が一時的にアルカリ性になってしまうと、肌荒れが起こる可能性があります。
肌荒れが起こらないまでも、肌への影響は少なからずあります。

最近では天然の成分を使っていたりトリートメントを配合していたり、肌に優しい除毛剤も増えてきています。
それでも基本的にアルカリ性であることに変わりはないので、肌が弱い人には向いていません。

肌荒れしやすい人やアトピーがある人はもちろん使用は避けるべきですし、肌が健康な人でも最初はパッチテストをする必要があります。
もし肌に合わない除毛剤を使ってしまうと、一気に広範囲がかぶれてしまうことになるので危険です。
誰でも使えるというわけではないのが、除毛剤の弱点です。

脱毛機は脱毛クリームのように薬品を使うわけではないので、その点を比べても肌には優しい処理方法です。

脱毛サロンと比べる脱毛機のメリット

脱毛はエステや脱毛サロンなど、お店で行う脱毛も人気があります。

高価な機械を使ってプロのエステティシャンに施術をしてもらえば、自分で脱毛するよりも効果は高いです。
肌にトラブルが起きた時にも、サロンに相談できますし心強いですよね。

けれどサロンに通うにはお金もかかりますし、サロンまでに足を運ばなければならない、事前に予約を入れなければならないなどの手間も掛かります。
自宅ほど気軽にできるわけではありません。

また、知らない人の前で服を脱ぐこと抵抗がある人もいるかと思います。
デリケートゾーンの脱毛になると特に気になりますね。

さらに、自分が脱毛したい箇所以外の勧誘をされてしまったという体験談もよく聞きます。
全てのサロンがそうだというわけではないですが、やはり不安もあると思います。

サロンはたくさんあり、色々と調べたりすることもちょっと面倒ですよね。

そう考えると家で自分で脱毛できる脱毛器はお手軽でいいと思います。

外出する手間も省けますし、誰かに肌を見せることもないですし、自分の都合に合わせることができます。
このあたりが脱毛器のメリットです。

カミソリ&毛抜きと比べる脱毛機のメリット

女子にはついてまわるムダ毛の処理。
最近ではムダ毛の自己処理に脱毛機を使う人が増えてきています。

脱毛器でのムダ毛処理は、カミソリや毛抜きと比べてもメリットがあります。
一番の違いは肌に与えるダメージです。

カミソリでの処理は、ムダ毛を剃れば一見すぐに綺麗になります。
けれど処理できるのは表面の毛だけで、すぐに生えてきてしまいます。
綺麗な状態が長続きしなく、どうしても短期間で何度も剃る必要があります。
ただ、カミソリは肌を傷つける可能性が非常に高いです。

カミソリはどうしても歯が毛穴以外の肌にも当たり、摩擦を起こしたり必要な皮脂まで取ってしまったりすることがあります。
これの繰り返しが、肌荒れを引き起こしてしまいます。

一方毛抜きは、一本一本を確実に脱毛することができるので、太くて濃い毛がある部分には便利です。
ただ、とても手間がかかるのと、痛みがネックになります。
この痛みは肌にも影響があって、色素沈着が起こることがあります。

また、個人での処理は、生えてくる毛が肌の内部に埋まる「埋没毛」になることがあります。
こうなってしまうと、自分では処理が難しくなります。

専門の脱毛器ならカミソリ、毛抜きのようなダメージを与えず綺麗にムダ毛が処理できるので、人気が高まっています。